北海道で見つけた和タンポポ

昨年の夏北海道のニセコに行った時、偶然見つけた「和たんぽぽ」。明らかに、ひょろひょろと縦に長く、メディカルハーブで使う「西洋タンポポ」とは全く違う・・・・

西洋タンポポは、実のところ、この和たんぽぽを脅かす存在でして、外来種ワースト100に入っています。

我が家の近所にも、なんと和たんぽぽが群生していますが、西洋タンポポにいつしかかわるのかな?

・・・写真では分かりにくいのですが、茎と花の接続部分の総包というところ

(萼片)が和たんぽぽの場合、帯のようにキュっと巻き付いています。西洋タンポポは、だらりと下がります。

どちらが好きか・・・和たんぽぽのすらーっとキュっは可憐ですし、西洋タンポポのロゼット状は逆にずんぐりして可愛い・・・

ハーブは、煮だした濃い目のミルクティが好み。

また次回、ニセコで会えるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です